フォトアルバム

降水短時間予報

日めくりカレンダー

剱岳 2008

  • Photo
    2008年8月14日~17日 剱岳登山
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

子午線ウォーク Feed

2008年10月 5日 (日)

子午線ウォーク “まとめ” (大将)

思い付きから、勝手にネーミングし始めた企画
完結する事で何かご褒美がもらえる訳でもなく
誰かに恩恵がある訳でもない

途中で止めても、電車やバスに乗ったとしても
誰も何も言わないだろうし、黙っていれば分からない
そう、本当に歩き切ったのか証明も出来ない

「なにやってんだろう?」って思いながら歩いた時もあった
一日の終わりが近づく頃には、足はかなりつらい
それでも最後まで歩いてみた

最後の日、距離が短い事もあり余裕で歩いていた
ゴールしたらどんな感じかなあ?
嬉しいやろか?どーって事ないやろか?はしゃぐんかな?

どんどんゴールが近づいてくる・・・
やっぱり嬉しかった、ちょっとはしゃいでる
やり遂げた者でないと分からない、達成感と充実感(デヘヘ)

このちょっと嬉しい、やったぞーって感覚
これが自信になってまた次を考える

嫌になったり飽きると、すぐに投げ出したりリセットしてしまう昨今
そうできない事が社会にはいっぱいある
そこで頑張ってやり遂げる達成感を一度味わって欲しい
特に子供達、何でも好きな事でいいんだから
頑張った人にはきっとご褒美があると信じている

あっ!ご褒美あったじゃない

死ぬまで続く、あほな企画・・・次は・・・

総歩行距離 : およそ 163キロ(ちず丸にて計測)
総歩行時間 : およそ 36時間(休憩時間含む)

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp

2008年10月 2日 (木)

子午線ウォークⅥ (大将)

071ss 皆様、大変お待たせいたしました。
エッ誰も待ってない・・・coldsweats01

9月28日午後1時25分、東経135度・北緯35度41分「子午線最北端の塔」に到着しました。

11時5分に前回の最終地点、京丹後市役所を出発し2時間20分・15,697歩で無事ゴールすることが出来ました。

この日は自家用車を運転して再スタート地点まで向かいます。福知山で高速道路を降り、歩いた道を北上します。車はゴール後入浴させていただく「静の里」に置かせていただきました。ここまで3時間弱、文明の利器は速いです。

013ss 網野駅まで歩き峰山駅まで電車に乗り、京丹後市役所前に戻ります。

乗車は一駅、運賃は240円なのですが9時54分の普通電車に間に合わず、特急料金320円を支払い10時36分の特急に乗りました。
なんせ次の普通電車が11時30分ですからしゃぁないですな。

10分ほどの乗車時間乗降口に立っていても良いかと思ったのですが、滅多に乗ることない特急ですから座って行ちゃいました。

039ss

曇り空に時折小雨の降るなかゴール目指してスタート、距離も短い事もありのんびりのどかな感じ、田んぼはすっかり稲刈りも終わり畦には彼岸花が咲いています。

055ss ゴールまで後2キロほどの所で、「浦島太郎 出生地跡」の碑を発見。
ごみステーションの横にひっそり立っていて、通り過ぎた後戻って確認して、ほぉ~てな感じ。

060ss 062ss

漁港を過ぎ坂を登れば、眼下に日本海が広がります。
右手に海を見ながら小高い崖の上に見えるゴール地点へ

070ss

何とかゴールに到着、やれやれって感じですが、ちょっと嬉しくて一人ではしゃいでいたかも。

合計でおおよそ163キロ、36時間ってところでした。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.ne.jp/

2008年9月27日 (土)

子午線ウォークⅤ (大将)

9月14・15日の連休を利用してこの計画を完結しようと出発しましたが、後12キロ程を残してしまいました。
1日目は8時間半で41キロを歩き万歩計は49,166で。
2日目は12時間で52キロを72,558歩でした。
11月には六甲全山縦走も控えているので、早急に時間を作り終了させたいと思います。002ss

前回の終着点、船町口駅に行くために7時17分の加古川線に加古川駅から乗車、加古川駅までは車で移動し女将に車を任せて出発です。
電車に乗るのは久しぶりです、しかも初体験のワンマン電車、しばし観察して降り方を学習。

004ss 8時40分船町口に到着、降りたのはもちろん私一人だけ。誰もいない寂しい駅です。
今回の楽しみの一つだった、電車の旅たった1時間半ほどでしたが、のんびりした車窓の景色を楽しみました。
前回もお世話になった近くのコンビニで、朝ごはんと水を買い スタートです。

006ss 天気も上々気持ちのいい景色です。
初日の目的地、福知山めざししてただ歩くのみ、することは簡単歩けばいいのです。

国道175号線を歩くのですが、歩道のない所はちょいと怖い物があります。
もう少し歩行者のことも考えて・・・、とは言うものの他に歩いている人も見当たらない、これでいいのか?

それにしても気持ちいいですね、7月に歩いた時より気温は10度以上低い良い感じ!あの時は暑かった。

009ss

田んぼでは稲刈りの真っ最中です。
広い田んぼもだいたい二人で稲刈り機を使って刈っています。昔は一家総出のお仕事だったのでしょうね。

019ss

017ss 018ss

石生(いそう)駅近くの日本一低い中央分水界、車で何度か通っている場所ですがこんな物があるのは知りませんでした。

033ss_2 西嬉にも置かせて頂いている、小鼓の西山酒造さんの前を通り、福知山の駅に夕方到着。

女将に到着したことを連絡し、駅近くのビジネスホテルを探してもらい、ホテル前のコンビニで食料を買い込み、食べて汗を流してバタンキュー!

翌日は3時15分にホテルを出て、朝ごはんと水を買い出発。
まだ暗い街中を(本当に暗い、都会が明る過ぎるのでしょうか?歩道の真ん中に犬のうんちがあれば踏んじゃいそうな暗さです。)
歩いて道を間違えて福知山市街をぐるっと一周、新聞配達のおじさんに道を聞き修正、おじさんにどこから来たか聞かれ行き先も話すと驚かれました。

そしてこれから与謝峠を越えます。坂はそれほど苦じゃないのですがトンネルが三つ、車が通るとうるさいし排気ガスも結構気になります。

043ss 最後のトンネルを抜けた所で本線を外れて集落の中を抜けるショートカットの道へ、この辺りも稲刈りの真っ最中です。

畑で仕事をしていた、おじいさんが声をかけてくれました。「どこまで行くかね」
丹後半島だと告げると、「そりゃー大変じゃ、弁当はもっとるか」
おにぎりが2個リュックに入っていたので「ありがとうございます。持ってます。」と言ってその場を過ぎました。
歩きながら、あの時ないと言えば取れたての新米でおにぎりでもご馳走になれたかな?

与謝野町の街中に入ると丹後ちりめん産地だけあって、あちらこちらから機織り機の音が聞こえます。車で何度か通っていますがその時には気付かなかった音です。

312号線に入って暫くすると雨が降り出しました。傘を差しながら歩を進めますが、足にもかなりきてまして雨を口実に切の良い所でやめようかなあ~、でも後十数キロどうする・・・この足ではまだたっぷり3時間はかかる日も暮れるかな、と言うことであっさり京丹後市役所で中断、続きはまたと言うことになりました。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp                                                                                                                                                                                                   

2008年9月15日 (月)

子午線ウォークⅣ

子午線ウォークⅣ
京丹後市役所まで来ました。
後10数キロなのですが、雨も降って来たし、私の足も悲鳴をあげていて、まだたっぷり3時間はかかりそうなので、ちょっと悔しいですが今日ここまでです。

子午線ウォークⅢ

子午線ウォークⅢ
与謝峠、無事通過。
まだ先は長いです。

2008年9月14日 (日)

子午線ウォークⅡ

子午線ウォークⅡ
7月の続きを行うため、前回の終着点船町口駅に向けて電車で移動中です。

2008年7月23日 (水)

子午線ウォーク一時中断 (大将)

子午線ウォークを中断して戻ってきた訳ですが、お店のエアコンが土曜日に調子悪くなりまして、友人のD社長に修理の手配をお願いしました。
22日に来て頂けるようにお願いしていたのですが、さすがにこの時期は忙しいようで21日のお昼ごろならいけると言う連絡が、社町のお堂の裏でお昼のお弁当を食べている時に入りました。
この21日の日程も、D社長が無理を言ってくれてねじ込んでくれたおかげだと思います。

さすがにお店のエアコンを放っておいて歩き続ける訳にも行かないので、とにかく行ける所まで行って帰ることにしました。

結局、エアコンは大きな故障はなく耐用年数を遥かに超えたご老体が、この暑さに耐え切れず停止したようで、修理業者さんに来て頂いてる間は機嫌良く冷風を送り出してくれていました。

昨日も無事に運転してくれて、さしあたっては何とかなりそうですが、新しいエアコンへの買い替えを真剣に考えねばならないようです。shock

『西嬉 HP』  http://www.nishiki.ecweb.jp

2008年7月22日 (火)

子午線ウォーク (大将)

二日間の予定で丹後半島の最北子午線塔を目指して、明石から行ける所まで行ってみようと
スタートした子午線ウォークでしたが、二日目の21日にお店に行かなくてはならなくなり、20日の夜にピックアップしてもらい戻ってきました。

07720_002_ss_2 07720_004_ss 07720_005_ss

明石市役所前を出発してすぐ東側の中崎遊園地へ、ここには東経135度のモニュメントがあります。海岸沿いのこの公園からの明石海峡大橋がきれいに見えます。
そしてこの企画の象徴でもある明石天文科学館、まだ早朝のため中には入れませんでした。

しかし暑い、早朝からあつい、この暑さと一日歩き続けることを考えるとあまりペースを上げれない、何とか二日間でゴールできれば、と思っていたがスタートしてすぐに諦めました。

何度も書きますが暑い、2時間で水1ℓを消費するペース、明石公園でウォーキングやジョギングをする人を見かけた後は、歩く人を見かけません。学校が近くなってくると、部活動の行き帰りの自転車に乗った学生とすれ違うぐらいです。07720_011_ss
小野市から社にかけてすれ違った数人の生徒達から、「こんにちは」と声をかけてもらいました。この地域の学校教育がそうなっているのでしょう、とても気持ちよく一瞬元気が出ました。(一瞬ね)

そんな時に見つけた『氷』の旗、思わず入りかけたのですが汗だくのこの格好では・・・、で断念!

077

東経135度、北緯35度交差点、日本のへそにやっと到着。
右上の写真の4本の柱の中心が、GPSで測量された「へそ」の位置小高い山の上にありそばには行けないようでした。

JR西日本の加古川線にある、日本へそ公園駅。2003年に第4回近畿の駅百選に選ばれています。

Ss_2 その後国道175号線にもどり北上、西脇市黒田庄船町の船町蛭子神社で行動を中止して、お迎えを待ちました。

明石市役所からここまで、約58キロ休憩も含め行動時間は13時間でした。

車で何度か通った事のある道も歩く速度で見えてくる物が沢山ありました。
郊外の田んぼを吹き抜ける風は、街中とは違い暑い中にも気持ちの良い風でした。
車に乗っているとまったく意識しないことですが、郊外の国道には日陰がないジリジリ焼かれて熱いたらありゃしない、ほんまにもう暑かった。

しかし昔の人は移動のためによく歩いたもんですね、改めて感心しました。
女将とその両親が一緒に迎えに来てくれたのですが、明石から車で1時間ほど文明の利器はやはりすごいです。

残りの100キロ弱は、9月以降に時間を作ってゴールまでたどり着きます。
馬鹿なことを真剣にできる今の環境に感謝します。ではこの続きは数ヵ月後に、また見てください。

『西嬉 HP』  http://www.nishiki.ecweb.jp