フォトアルバム

降水短時間予報

日めくりカレンダー

剱岳 2008

  • Photo
    2008年8月14日~17日 剱岳登山
Powered by Six Apart
Member since 07/2008

グルメ Feed

2017年3月24日 (金)

淡路島旅行 2日目 ・・・ 女将

33

32

お風呂で終わった1日目でしたが、2日目の始まりもお風呂でした。
6時6分が日の出時刻と案内が出ていましたので、5時15分に起き
5時半には、今回の旅行で4回目にして初めて入る「棚田の湯」に行きました。

露天風呂に陣取って肩まで浸かったり湯船の縁に腰掛けたりして
日の出を待ちました。

燃え上がるような朱赤の太陽が雲の切れ間から昇ってきた時には
周りにいた人たちの間に静かなざわめきが広がり、とても感動しました。

続きを読む »

2017年3月22日 (水)

淡路島旅行 1日目 ・・・ 女将

1

3 
春分の日の連休に、一泊で淡路島に遊びに行って来ました。
今回は、大将の義母と義母の姉夫婦が一緒です。

義母たちは80代半ばなので、いつもの私達のお出掛けのような
スケジュールがギッシリの旅行は無理だと思い
できるだけ「休憩は多く、歩く距離は短めに」を心掛けました。

先ずは、明石海峡大橋を渡ってすぐの淡路ハイウェイオアシスで少し早めの昼食です。

続きを読む »

2017年3月 8日 (水)

ママ、ごはんまだ? ・・・ 女将

7

1 

先日の日曜日、お友達と一緒に十三まで映画を
見に行って来ました。

関西では、十三にある映画館でしか放映されていない
白羽弥仁監督の 『 ママ、ごはんまだ? 』 を
見るためでした。

かつて家族4人で住んだ東京の実家を、老朽化のため
取り壊す時、台湾の人に嫁いで数々の台湾料理を覚え、
20年前に亡くなったお母さんの愛情あふれる台湾料理の
レシピノートが見つかった事から、お父さんが亡くなった後も
家族で食卓を囲むことで、愛情をはぐくんできたお母さんと
2人の娘さんたちのお話です。

お話の基になったのはお姉さんの書かれたエッセイですが、
妹さんは歌手の一青窈さんだということで、へ~~~!と思いました。

続きを読む »

2017年1月23日 (月)

門戸厄神 2017 ・・・ 女将

1

2

早起きをして、今年も西宮の門戸厄神さんへ厄除けのお参りに行って来ました。
本来なら厄除大祭は、1月18日と19日ですが、
平日で行けなかったので日曜日のお参りになりました。
「そえごま」をいただいて、表に名前と数え年の年齢、裏にお願い事を書いて奉納し

3

4

不動明王様の厄除けのお札をいただきました。
右側の写真は、お祭りが週末に重なった年のお昼過ぎの境内ですが
お祭りの当日ではない早朝だと、左側のように空いていたので
駐車場にも並ぶことなく入れましたし、お参りもすぐにできて良かったです。

5

6

ただ、まだ人気のない縁日の屋台通りというのは、ちょっと寂しかったです。
1輪だけ、梅の花の蕾がほころんでいました。

10

いつの間にか身についてしまった厄や煩悩を
お不動明王様にお願いして焼いてもらい、
お願い事を叶えてもらう祈願でした。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

2016年12月22日 (木)

ホテル ケーニヒスクローネ神戸でランチ ・・・ 女将

10

4

先日、ホテル ケーニヒスクローネ神戸へランチを食べに行って来ました。
ランチの時間にホテルの前を通る度、長い行列ができているのを見ていましたので
何となく敬遠していましたが、この12月でできてから3年になりますし
お友達との忘年会のつもりで、意を決して出掛けました。

2

3

気合いを入れて1時間前に着いたら、一番乗りでした。
ちょっと恥ずかしかったですが、でもお陰でイスに座って待つことができましたし
寒いからと、可愛らしいキャラクターのイラストが付いた膝掛毛布まで貸してもらえました。
お友達とおしゃべりしている内に、1時間ぐらいならすぐに経ちます。
開店の5分前になると、中から係の方が出て来られ
半セルフ方式の流れが書かれた紙を配って下さいました。

まず席を取り → パン(1回に1人5個まで)とサラダをトレーに乗せてレジへ →
レジでメインのお料理とドリンクを注文して支払い →
メインのお料理はスタッフが席まで運んでくれる

この流れを知らないと、入ってから少しまごつきそうです。

9

12

お店の中は1階と2階があり、とても広かったです。
丸テーブル、長テーブル、木のイス、ソファと色々なタイプの席がある中で
私たちは、寒くないように1階の少し奥まったところのソファ席に決めました。

10種類以上ある美味しそうなパンに目移りしながらも
比較的スムーズにパンを選びサラダを取って、レジまで進むことができました。

14

13
そして、先着50名だけがもらえる名物のクローネも、しっかりいただきました。

5

6 

席で待っていると、私が選んだメイン料理のお餅と玉子が入ったビーフシチューと
ミニ焼きプリンが運ばれてきました。
フロアは、パンを選んだりサラダを取ったりする人たちでかなり混雑していましたが
入店してから私たちの前にすべてのお料理が揃うまでは、わずか10分ほどでした。

先ほど外に出来ていた長い行列は、2階に続く階段へ場所を移し
やはりズラ~っと続いていたので、早起きして来て良かったねと
お友達と小さな声で言い合いました。

1

15

このお店がこんなに人気なのは、お食事が美味しい上に内装がオシャレで
豪華なこともあるでしょうが、メインのお料理以外のパンやサラダや飲み物が、
お代わり自由の時間無制限なところにもあると思いました。

残念ながら私たちは、小さめと言えどもパンを5つも食べ、ポットで2杯の紅茶を飲んだら、
もうお腹がいっぱい過ぎて、お代わりに立つことは出来なかったのですが、
周りのテーブルの人たちは順番に立って追加の分を取りに行っていたようでした。

ゆっくりした食事が済んだ後、お留守番の大将にチョコレートケーキを買ってホテルを出る頃、
やっと階段を2階まで続いていた長い行列が解消していました。

規模やサービスの種類や訪れている人たちの年齢と性別、その他、色々なことに
西嬉との大きな違いを感じた私の忘年会ランチでした。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

2016年11月29日 (火)

花隈モダンタウンフェスティバル ・・・ 女将

1s

2

 

 

 

 

 

 

 


先日の日曜日は、あいにくの雨でしたが 「花隈モダンタウンフェスティバル 」 を見に行って来ました。
会場となっていたのは、神戸高速線花隈駅北側に位置する本願寺神戸別院、通称モダン寺でした。

このお寺は、5つの美しい尖塔とステンドガラスがあるインド様式で建てられていて、
外から見るだけでもとてもインパクトがあり、以前から1度中に入ってみたいと思っていました。

続きを読む »

2016年11月 7日 (月)

第68回 正倉院展 ・・・ 女将

3

2

11月3日の文化の日に、大将と一緒に奈良国立博物館で開催されていた第68回正倉院展を見に行って来ました。

料金設定のが安いコインパーキングを予め探してそこに
車を停めたのですが、博物館までは思っていたより遠く、
ようやく行列の最後尾に並んだ時には、開館時間を5分ほど過ぎていました。

建物の入口は、白いテントが連なる向こうの松林のそのまた向こうの右端です。
頭上のテントの梁の部分に貼られていた 「 この場所から
約75分 」 というのを見て、ちょっとめまいがしましたが、
開館早々の時間だったことが幸いしたのか30分ほどで
入館することができました。

ですが中はもうかなりの混雑具合で、ガラスケースの前には二重三重の人垣ができています。
どうせなら最前列で見たかったので、忍耐と根気を持って待ちました。
でも待った甲斐があったと思うほど、繊細で精巧で重厚で美しい品々を近くで見ることができて感激しました。
現代の技術に勝るとも劣らない職人技の数々にも感心しました。

大将はといえば、四方をガラスで囲まれた陳列ケースの向かい側の人達の顔をどんなに見ていても ( みんなが中の
展示品に夢中になっているため ) 絶対に目が合わないことを発見したとか、こんなに精巧に作ってあるのに、
テーブルの脚の1本が歪みで地に付いていないのはナゼだとか、そんなことばかり言っていて、
私とは全く違った観点から見ていたようです。

正倉院展を見終わった後は、同じ敷地内にあり、正倉院展のチケットで入れる 「 なら仏像館 」 に行ってみました。
予備知識なく入り、飛鳥時代から鎌倉時代にいたる日本の仏像を中心に100体近くの仏像があると知って驚きました。
中には国宝や重要文化財も含まれ、まだ少しお勉強をしただけですが仏像に興味のある私は、夢中で見ました。
大将は例のごとく、仏像が置かれた台の耐震設計はどうなっているのだろう?とつぶやいていました。

5

6



予定では、混雑する前の11時半ぐらいには昼食を摂ろうと思っていましたが、なら仏像館で長居してしまったので、
お店に入った時には1時を過ぎていて、名前を書いて1時間近く待つことになりました。
あ~あ、と思いましたが、幸いイスに座って待てましたので、疲れた目と足を休めるための
休憩時間と前向きに捉えることにしました。

食事の後は、折角奈良に来たので少しだけ大仏様にも会って行こうかなと思ったのですが、参道の入り口から
東大寺の方を見てみますと、遥か彼方まで人、人、人で埋まっていましたので諦め、

7

8

次の目的地である春日大社へ向かいました。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

2016年9月29日 (木)

チキンガーリックステーキ ライブ&ディナー2016 ・・・ 女将

1

2

先日の日曜日、ポートピアホテルへ結成25年を超える男性5人のアカペラグループ、
『 チキンガーリックステーキのライブ&ディナーショー 2016 』 を聴きに行って来ました。

ディナーショーは、生まれて初めてだったので、ドキドキしながら少し早めにホテルに着きますと、
すでに受付を待つ人達の行列ができていました。

3

4

まずは、お食事です。
帆立貝のタルタルやサーモンマリネ、豚肉と栗のブイヨンスープに続いて
これはお約束なのでしょうか?
ちゃんとガーリックの香るチキンと海老のステーキ、すなわち
『 チキンガーリックステーキ 』 が出てきて、そのユーモアにクスリと笑ってしまいました。

ライブは、街の灯りが灯り始める頃のスタートでした。
1960年代の洋楽から始まり、中島みゆきの 「 時代 」 、ドラえもん映画のテーマ 「 ひまわりの約束 」 等、
選曲が本当に幅広いジャンルからなされていて、その変幻自在な歌声に感心しながら聴きました。
それから、ぐっとシブくなって二葉百合子の 「 岸壁の母 」 や北島三郎の 「 与作 」 や
「 まつり 」 が始まるに至っては、その意外性に場内が大盛り上がりになりました。

そうして当日にお誕生日を迎える方への恒例の 「 Happy Birthday 」 を挟み
オリジナル曲の 「 今の君にやれること 」 、 「 オフロード 」 、 「 道 」 、そしてアンコールには
ノリノリの 「 Let's go to the Live!  」 まで全15曲を、楽しいおしゃべりを交えながら
休憩もなく一気に駆け抜けたステージでした。

5

知っている曲もそうでない曲もありましたが、
あまりに楽しかったので、終わってからもしばらくは
頭の中を音符が踊っているような状態でした。

気が付くと、地上30階の窓の外には
きらめく神戸の夜景が広がっており、
まさしく、プライスレスな夜を過ごさせてもらいました。

ありがとうございました。

『西嬉 HP』 http://www.nishiki.ecweb.jp/

2016年9月26日 (月)

萩・津和野ツアー SLやまぐち号 & 駅弁狂想曲 ・・・女将

73

71

少し早めの時間に津和野駅に行きますと、そう大きくない駅舎は人でいっぱいでした。
もしかして、SLの運行中止とか・・・?
ドキドキしながら人の間を縫って改札のところまで行ってみますと
SLやまぐち号の入れ換え中なので、
入場はしばらくお待ちくださいというようなことが書いてあり、ホッとしました。

続きを読む »

2016年9月25日 (日)

萩・津和野ツアー 太皷谷稲成神社 & 殿町通り編 ・・・ 女将

51

52

バイキング形式の朝食を食べ、チェックアウトして
ホテルの前から出ている津和野行きのバスに乗りました。

2時間弱の行程なので、前日と同じ様に最後尾の広い席に2人で座り
前夜におしゃべりし過ぎて寝不足だった分を補ったり
朝から遅延速報が出ていた山口線の情報を集めたりしながら
津和野へと向かいました。

続きを読む »